2010年8月31日火曜日

全日本女子バレー 2

女子バレーのワールドグランプリが終わった。
ああ、またしばらくバレーが見られない。さみしいな。

全日本女子は今、世界ランク5位。今回こそ3位・メダルを目指していたのだが・・・残念。
でも、ブラジルとイタリアに勝ったのはすごかった!


前回のオリンピックまで全日本女子を率いていたのは柳下監督。北京後今の真鍋監督に変わった。
柳本ジャパンの時も年々チームは進化し、北京で「もうメダルしか欲しくない」とがんばったが、手が届かなかった。
バレーは、当然身長が高いほうが圧倒的に有利。日本は欧米・中国に比べて最高10センチくらいの平均身長差がある。そのハンディーをどう乗り越えるか・・・のチャレンジが素晴らしいと思う。

柳本ジャパンの北京が終わった時に、もうこれで限界なのでは・・・?と思えた。だけど、今回の真鍋ジャパンはまた確実に強くなっている。確かにまた5位だったが、でも、確実に進化している。

かなりなリアリストの私は、ついいろいろなことをあきらめがちである。
「あきらめなければ夢はかなう」的な、安易なセリフはほとんで嫌いである。
実際、「夢」なんて簡単にかなうわけではない。努力はもちろん、人柄・運などなど多くの要素が必要だと思っている。
でも、「進化するんだ・・・、ほんとに限界ってないのかも」と、なんだか浸透するようにそう思えた。ちょっと私の中でプチ奇跡。


もうちょっと、がんばってみられるかな。
またまたいきます、がんばれ私!