2013年9月14日土曜日

佐藤真海さんのプレゼン

オリンピック招致成功のニュースが駆け抜け、日本中が「元気」モードに漂った。
色々な人の感動のプレゼンの様子がテレビに流れた。

パラリンピアの佐藤真海さんの映像もたくさん流れた。
ある日突然、骨肉腫で足を失う。3・11の津波で家族が被災する。
どうして、一人の人にこんなに襲いかかるのだろう。
「失くしたものを悲しむより、今あるものを大切に、前を向いて」
言葉が重い。
そんなに簡単に言えたわけではないだろうに。

でも、ご本人はとても美人で、爽やかな笑顔が涙よりもその先の希望を彷彿とさせる。


ったく、「失くしたものを悲しむより、今あるものを大切に、前を向いて」
ほんとに、そうしていかなければ自分自身が辛くなる。
そこを心して頑張るしか、人は幸せになれないのかも・・・。