2017年6月19日月曜日

「花戦さ」 いい映画でした。

篠原哲雄監督作品 「花戦さ」 ・・・ いい映画でした。。。。
普段映画など見ない母も、「いい映画だったよ。」と。
図らずも、同じコメント。

いい映画・・・。
こんな映画をたくさんの人が見てくれると、嬉しい。


「花戦さ」は、ポスターもチラシもショッピンだし、キャストも(笑)顔で写ってるし、母など「これは、なんじゃなぁ、ちょっとお笑いゆうか・・・」って。(笑)

だが、相当な「戦い」だった。
「刀を使わない戦い」ということで、どのような映画になるのか・・・と思っていたが、スゴイ「戦い」だった。
野村萬斎(狂言)、市川猿之助(歌舞伎)、佐藤浩市(現代演技・・・?)の三つ巴の演技バトルが凄かった。
また、それを表すのにあの目線の芝居、そのカットを使った演出も凄かった。
何様発言ですが、「こう来たか・・・!!!! さすが篠原監督!」
(監督、マジ、何様発言、すみません!)

 だから、私としてはとてもシリアスな映画でした。

また、野村萬斎さんの演技が・・・ 凄い・不思議・怖い の三拍子。
監督が、「こう来るのか・・・、という予測不能」とおっしゃってた演技。こういうことだったのか・・・。
敬意を持って勝手にあだ名を付けさせていただくと、「魔物」です。
底知れない・・・
たった二時間の作品の中で、「池坊専好」の優しさも愚かさもどす黒さも清らかさも、表しているように思えた。
マジ、いろんな意味で怖かった。

そして、最後に、「花」が美しかった。
ひたすら、池坊専好の台詞にある「花の力」という言葉が、嘘ではなく伝わって来た。

いい映画でした。