2017年12月6日水曜日

父の一周忌

先日、父の一周忌の法要を行なった。
もちろん、家族と親せきだけのアットホームなものだった。

ウチは真言宗なので、お坊さんがうちに来てお経をあげてくれてお墓にお参りした。
去年のお葬式と同じ、とてもよく晴れた、12月と思えないくらい暖かい一日だった。
母が言った「あの人は、昔から晴れ男じゃった」

近くのホテルのレストランで食事。
コース料理でおなか一杯なのだけれど、美味しかった。
もう、お年のおじちゃんおばちゃんたち、みんなよく食べてくれた。
いとこたちの近況や、死んだ父の昔話。

たったこれだけなのだけれど、なんだか不思議とすっきりした気分になれた。

なんだか、いろいろな事が「あ、私がこだわっているから、握りしめているから、しんどいんだ。手放していいんだ。」
不思議とそんな気持ちになれた。

別に、信心深い仏教徒ではないけど、こういう節目っていいものだ。昔からの人間の知恵だなぁ・・・。