2010年11月30日火曜日

蓬莱竜太さん

今日、三田村組という劇団?ユニット?の最終公演を見てきた。

私の好きな蓬莱さんの作・演出。
ほんとに、どうしてこんなことが書けるのだろう。才能・・・というのはこういうことをいうのだろう・・・!!!
蓬莱さんの作品を見るたび、そう思う。
もちろん、蓬莱作品全てが同じレベルですきなわけではない。どちらかというと外部に書いたり、作・演出したものの方が好きかも・・・。

蓬莱さんは、子供の頃からアニメが好きだったそうだ。深夜やっているようなアニメに随分影響を受けたらしい・・・と知り合いが言っていた。確かにそう伺わせる作品もある。
それが、作品の裏を流れる(表か?)毒、エグさになっているのだろうか。
が、何に影響をうけていようが、どうしてこんなに人間を描けるのだろう。まだ30代のはずだ・・・!
ほんとに、どんな脳みそしてるんだろう!って感じ。

今日も、蓬莱ワールドに浸ってきました。
LOVE です。 ため息 です。

2010年11月26日金曜日

落し物

こないだ久々に落し物をした。
スイカと回数券の入ったパスケース。スイカもチャージする前だったので被害額はほんの2千円程度。東京メトロに電話しても「ない」と言われ」、諦めていたら警視庁落し物センターから電話がかかってきて無事私の手元に返ってきた。

考えてみたら、私の落し物はほとんど返ってきている。
こんなパスケースどころではない、過去、貴重品全て入ったハンドバックというかポーチを2回も落としている。
一度は、大型スーパーマーケット。もう一度は深夜の路上。
どちらも現金すら抜かれることなく返ってきた。結構奇跡に近い。

運がいいのか・・・、誰かに守っていただいているのか・・・
ありがたや、ありがたや!

とはいえ、ただの落し物ではなく、一人暮らしを始めたばかりの頃若気の至りで、更衣室に貴重品を置きっぱなしにしたりして財布を盗まれたりしたことはあった。

みなさん、自分の貴重品は自分で守りましょう!!!
私も気をつけます!  はい!

2010年11月17日水曜日

竹下景子恐るべし

先日、燐光群の「三分間の女の一生」を見た。

坂手作品のテースト、演出もさることながら、とにかく竹下景子さん、スゴイ!!!
とにかく頭のいい女優さんでありことは間違いないし、坂手作品のカラーの中にしっとりとした竹下さんの雰囲気のまますっぽりとはまり込んでいるのだ。
自分自身の持っているよさを殺さず、どちらかといえばいつも竹下さんが出演されている映像作品とは異質の劇空間に、違和感もなく存在している。

ため息がでる・・・・。

「お嫁さんにしたい女優No.1」の底力か!!!

2010年11月15日月曜日

世界バレー 全日本女子

スゴイスゴイ! 
世界バレーで女子が32年ぶりに銅メダルを獲得した!!!!
もう感動です。興奮しました。

4位入賞も28年ぶり。
長年のバレー関係者の努力がしのばれます。
前日のブラジル戦の時、解説の河合俊一さんが「生きているうちに、日本が最終戦で世界ランク1位のブラジルと互角に戦う姿が見られるなんて」と言っていました。

私はバレー鑑賞好きで、この10年くらいずっとテレビで見ているのですが 、最後のこのコートに立てていた選手、控えになっていた選手、直前でケガに泣いた選手、一度やめてまた戻ってきた人などなど、ほんとにいろいろな人生を抱えてがんばった姿が心に響きます。
現・監督は真鍋さんですが前監督の柳本さんにも「おめでとうございます」と言いたいです。

あ~~~、一度生でバレーを見に行かなくっちゃ!

2010年11月14日日曜日

田中麻衣子さん

先日、「天戸日和」というプロデュースチームの芝居を見てきた。

演出が田中麻衣子さんだったからだ。
彼女とは、新国立の養成所でお互い講師として知り合いいろいろお話をする仲だ。
養成所の講師としてのシーンスタディ演出しか見ていなかったので、ぜひ普通の仕事を拝見したいと思い足を運んだ。

麻衣子さんいわく「依頼された仕事なので主宰者の方の意に副うようにしました」ということだった。その状態は、この業界長いので容易に想像できる。
それにしても演出家のカラーは絶対出る。

芝居の内容はたいそうエグイお話だ。
余命わずかな妻が旦那に「私のこと忘れないでね」というセリフの後暗転なのだが、麻衣子さんはまるで何の情緒もないごとくズバッと明かりを落とし、暗転した。
そういうところが、ぞくっとするくらい好きだった。
彼女いわく「捨てすぎるって言われるんですけどねぇ」

いやいや、それがいいのよ!

私は心のなかで思わず MAIKO LOVE!!! とペンライトを振った。