2014年11月28日金曜日

「トウキョウ スラム エンジェルス」

先日、青山円形劇場で「トウキョウ スラム エンジェルス」、見ました!
もう、すっかりご縁続きになった若手イケメン演出家(笑)・谷賢一氏の演出作品だ。
 これは、テアトル・ド・アナール
http://www.theatredesannales.info/
という、谷氏とゴーチブラザーズがタッグをくんだユニットだ。(と思う。間違ってたらゴメンナサイ)


今回の作品はVol.3だが、私はさすがなご縁で1~3まで全部見ている(笑)。

Vol.1は「ヌード・マウス」
これは意欲作だし、日本の戯曲で4~5人のキャストでガンガン会話する、まるで翻訳劇のような舞台劇。そういうものは数少ない気がする。そのことに対しては「スゴイ」と思ったが終わり方が疑問だった。ってゆうか好きじゃなかった。

Vol.2は「従軍中のウィトゲンシュタインが…」
これに関しては、「とってもよかったよ」評を、このブログでも書きました!


で、 「トウキョウ スラム エンジェルス」。
私は、これ、好きで~す!
「従軍中のウィトゲンシュタインが…」の時、「いい芝居だった」と書いた記憶がある。
「トウキョウ スラム エンジェルス」 は私にとって、いい・・・好きな・・・作品です。
なんだか、昔かなりヒットした映画「ブレードランナー」を思い出した。
「ブレードランナー」とストーリーが似ているわけではないが、いびつに発展した近未来の話。
格差がどんどん広がっていって・・・、摩天楼の上に住む人間と光の射さない谷間に住む人間。
私にとってはそんな空気感の舞台だった。

ただ、谷氏の舞台には珍しく、山本亨さんがサブちゃんの演歌を背景にラーメン屋台を引きながら登場するという、私たち世代には、イツカドコカデミタヨウナ・・・懐かしい懐かしい場面がある。
なんじゃ!この妙な一体感・・・? なのか、不一致なのに馴染む感?
初めてお好み焼きにマヨネーズをかけて食べた時のような・・・。
初めてアボガドをワサビ醤油で美味しく頂いた時のような・・・。
ハリウッドの「ブレードランナー」と日本のテント芝居が融合した感!

この世代には、それも楽しかった。


終わってから、出演者の井上裕朗くんと、「ウィトゲンシュタイン」の時の出演者・西村壮悟くんの三人でお茶しながら色々話をした。
(いや~、休日の午後、青山で、両手にイケメンズを侍らせてお茶するなんて・・・!かなり幸せ!!)

ま、一本芝居を打つといろいろな評価があるものだ。
それは当然なのだが・・・。
中でも、この芝居の宣伝文句(?)で、谷氏が 「資本主義の次に来る経済や人間関係、世の中のあり方」云々と記事を書いたそうで、それに対して「資本主義経済が描かれていない」などの評もあったそうな。

私的には、充分そんな風な芝居だったけどな・・・。
NHKの「ハゲタカ」(原作:真山仁)のような話にはならないけれど、舞台空間で2時間の芝居。
充分、わかりやすく(いい意味で)まとまっていたように思う。

自分にとって、劇場にいる時間が楽しかったらそれはいい芝居ではないだろうか。
別に「資本主義」のご高説を聞きに行くわけじゃないし・・・。


今、ン十年ぶりの商業舞台に立っていて、随分違った雰囲気を味わっている。
白血病の女の子を励まそうと、クラス全員が丸坊主にしたという感動秘話。
お客様は、妙齢のご婦人やリタイヤした世代の方々がほとんど。
私は芝居中には泣かないが、いつも、カーテンコールで最前列のお客様がハンカチで涙を拭って下さっている姿を見て泣けてくる。
少なくとも、「泣ける」だけの時間を過ごしていただけた・・・。
そのことが嬉しい。


芝居は、そこにいる時間が「よかった」と感じられれば、そのことが一番ではないか。

2014年11月24日月曜日

「友情」Thanks!

夏からずっと続いた舞台公演「友情」。
千秋楽を残してですが、いろいろ頂いた差し入れオンパレード!です。



福島公演に高校時代の友人が、わざわざ茨木から来てくださいました。

女子楽屋みんなで分けて頂きました! 
 



                                 

     大宮公演。


      こちらは、大学時代の友人から。
    お花とお菓子を。
   ケータリングに持っていく間もなく、女子楽屋と生徒役楽屋でハ
   ケてしまいました。 

  


   こちらも大宮公演です。
   高校時代の友人が・・・。
   仕事で中国と日本を行き来している多忙な方で、空港からそのま
   ま来てくださったのか・・と思います。

     チョコレート!です!。


  そばにあるお花は、上記の大学時代の友人の持ってきてくれたお
  はなをうちで生けました。  
  一週間以上、綺麗に咲いてくれました。







さてさて、これは何でしょう?


昆布の佃煮と梅干。
なんでこんなものが・・・!とお思いでしょうが、
昆布の佃煮は、佐藤蛾次郎さんのお手製。
ガジママに行った時にお土産で頂きました。山椒が効いてて美味しい!!!
梅干は、生徒役の後藤ももちゃんのおばあちゃんが作った梅干。
おばあちゃんは鹿児島で梅畑をやっているそうです。肉厚で超(゚д゚)ウマーです。


下のシフォンケーキは、以前も書きました、岡山の友人がトランクいっぱい神戸まで持ってきてくれました。
その友人が、また、梅なめこ(?)を持たせてくれました。ご飯にかけても美味しいとのこと。
うちで、茹で白菜と和えてみました。抜群でした!




たくさんの差し入れ。応援。ありがとうございます!!!
千秋楽、頑張ります!

2014年11月22日土曜日

「友情」福島~仙台公演 寂しさと事件と?!


いよいよカウントダウンとなってまいりました。
「友情」です。

福島へ行きました。
名前入りの楽屋風景を、大女優KIさんが作ってくださいました!(って、写真は名前入りなのにイニシャルかい!!!)

福島では、歌手・千昌夫さんが「東北万歳~!」と感動のトーク。千さんの東北への思いが溢れて涙でした。




  そして、仙台へ。
 
  楽屋では、「後○○回~!」とカウントダウン
  が始まり、舞台袖では生徒役の若手たちと
  円陣を組みました。

  前代未聞の素敵なチームワークの座組で
  す。掛け値なしに!!!
  ゲスト参加の女優IOさんも「レギュラーで出
  たかった!」 と、名残惜しいことマックスで
  す。

                                 うう、さみしぃ(;・;)!



                                   それでも、食べるものは食べるのが私たち!!!

仙台は~牛タン!
もちろん行きましたぁ!!!

ホテルのビュフェで朝ご飯を食べ、支給されたお弁当を平らげ、そして尚且つ・・・・負けずに行きます牛タン屋!

肉厚の牛タン、いただきました!!!



  ★あれあれぇ~? ベテラン俳優のMFさんの手は・・・ど
  こにかかっているんだぁ????
  ねーさん!事件です!!!   ってかぁ?(笑)
  
  大丈夫、「友情」です!(笑笑)












そして、ホテルのロビーにはクリスマスツリーが飾られていました。

稽古が始まったのは真夏の8月。
熱中症を心配していたのに、仙台では冬物のコートを着て風邪の予防にマスクして楽屋入り。


残すは東京・中野サンプラザの千秋楽だけです。
どんな時間も平等に過ぎていくのですね。。。


最後まで頑張ります!
応援よろしくお願いします!

2014年11月19日水曜日

「友情」大宮公演で・・・。

いよいよ、大詰めの「友情」公演です。

大宮の公演に同級生が見に来てくれました。
女性で日頃からお芝居やらコンサートなどに行くような人ではなく、国内外を飛び回るバリバリの仕事人間(?笑)の男性です。
こんなことでもないと、劇場などに足を踏み入れることなどない・・・。
ご本人も
「楽屋なんか来たのは、高校の頃バンドをやっている頃以来だ」
と。

その方のお芝居を見たあとの感想
「いやぁ〜、良かった良かった!
一人だと遠慮無く泣けるから良いね。」

そして、昭和歌謡ショーも・・・
最初は「同級生の活躍を見に来たんだから、歌なんて・・・」
と言っていたのを、私が「そう言わないで、ちょっと見ていったら。懐かしくてなかなかだよ~」
と言ったら、見てくれて
「歌謡ショーも、ホンモノの人々だと思わなかったからビックリ!
山本リンダはホントに美魔女だな!凄い!
千昌夫はもう貫禄のトリで素晴らしかった!」
と。

そして、
「元気貰いました。ありがとう!!」


そう言って喜んでくれるのが一番嬉しいヽ(^○^)ノ
日頃、お芝居なんか見に来る機会がない人が、こういう縁で何十年ぶりに見に来てくれて喜んでくれる。
こんな嬉しいことがあるでしょうか!
頑張ってやってきたことが報われる瞬間!

イキテテヨカッタゾ~~~~!

2014年11月16日日曜日

「友情」番外編 デブレンジャー

それは、堺公演での出来事だ。

座長からの差し入れで、おっきな大阪の「ブタまん」がケータリングコーナーに並んだ。

美味そうにかぶりつくスタッフのおにーちゃん。

ところが、この写真に写る生徒役の役者たちは食べられないノダ。
指を加えて見ているしかない・・・。
なぜなら・・・そう・・・
彼らは・・・

太ってしまったのだ!
役者として許されないほどに!


彼らのチーム名は「デブレンジャー」
参加資格は、この「友情」の稽古に入って以来6キロ以上太ったか、あるいは座長に名指しで「おまえ、肥えたな」と言われた人のみ。
中には、現役のアイドルのコも・・・。
みんな、「ブタまん」を我慢して、役者として、芸能人として、自覚を取り戻すのだ!!!!!

痩せろ!

「友情」二度目の関西公演



「友情」ツアー。
二度目の関西です。

奈良~!
近鉄奈良駅でパシャ!







そして、公演する奈良文化会館は、奈良公園のすぐそばでした。
奈良公園といえば、もちろん、鹿~~~!

これ、鹿ですよ(笑)。




  

  そして、移動して翌日は堺。
  商人の町ですね~。

  ここでは、いつも私たちのツアーのお世話をしてくださっている「夢
  グループ」の岩倉さんが~実は本職はギタリストなんです~、生ギ
  ターで保科有里さんの素敵な歌をバックアップされました。

  私は、初めて岩倉さんのギターを聞きました。
  ステキ!










   三日目は大津に。
   秋の琵琶湖です。
   湖水の冷たい空気が深まる秋を感じさせました。

   


  夜の琵琶湖の夜景も美しかったです。
  赤い月が湖面に映っていました。

  寒くなって出演者にも風邪が・・・。
  熱があっても何があっても「休む」なんてい
  う選択はありません。
  頑張ってやり抜くしか術はなし。
   どの仕事も、お金をいただくのは厳しいもの
  です。我々の仕事もホントに体調の自己管
   理が大切です。  



残り少なくなった公演。
気を抜かず最後まで!!!!

2014年11月11日火曜日

10日ぶりの「友情」宇都宮公演

舞台「友情」、もう~、こんな公演は初めてです。
こんなに日にちが空いて・・・、空きながら続く公演!
これって結構大変なんだよ~。。。

みんな、帰ってくるとほかの仕事をして、公演日になると、朝、新幹線のホームで暫くぶりに会って
「ああ、また始まるね」
って。


先日、ナショナルシアターライブ「フランケンシュタイン」を見に行って、その感想を書きました。
今思うと、役者としてあんなに素晴らしい舞台が、演技ができる嫉妬とか、その環境に対する羨ましさとか、いろいろあったのかも・・・。
ただ、書いた気持ちは間違いじゃない。


そんな強い衝撃がを受けたけれど、自分の今目の前にある仕事に向き合うと、すぐいつものように、共演者の方々が、満席のお客様がとても大切だった。
うん、地に足をつけてやっていくぞ!!!
しばらくぶりの自画自賛!


帰りに、JR宇都宮駅のそばの「みんみん」という有名な餃子屋さんで餃子、頂きました~!
 もちろん、食べるっしょ(笑)!
(゚д゚)ウマー!
全然、重たくなくって、パクパクイケました! びっくりです!







これは、差し入れで頂いた、宇都宮の美味しいイチゴとお団子です!

もちろん、頂きました~~~!

2014年11月9日日曜日

衝撃のナショナルシアターライブ「フランケンシュタイン」

先日、ナショナルシアターライブ「フランケンシュタイン」を見に行った。やっと行けた!

衝撃だった!
なんだこれは!!!
スゴイ!!!

もう、どう言葉を使ったらいいかわからない。

人間、役者ってここまで行けるのか?!
「面白い」とか「感動した」とかでは、この気持ちを表現するのは無理。



私は見たは「フランケンシュタイン」のA
フランケンシュタイン博士:ベネディクト・カンバーバッチ、怪物:ジョニー・リー・ミラー

 そんな大きなセットを使っているわけではなく、場面が転換する。
照明だけの素舞台に近いこともある。
だが、それはもう完全に森だったり湖だったり。
シーンからシーンの時間経過も不自然さなどまるでない。
時間も、空間も、ちゃんと支配できている。
観客はどんどんストーリィーに引き込まれていく。



俳優の演技と、音響・照明などのスタッフ、人間の力でここまで物語を立体に紡いでいけるものなのか・・・!!!
「芸術」ってこれか!
「創造」ってこういうことか!



日本で演劇、舞台劇と言われるものを見てこんな気持ちになったことがあっただろうか。
やはり日本のレベルは低いのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


たとえば、「フランケンシュタイン」にも使われていた「回り舞台」などは、日本の歌舞伎から輸入されたものだと聞いたことがある。
そう、日本の歌舞伎などは、西洋の人々が驚喜したという。
これもまた「芸術」に違いない。

何といえばいいのだろう。
初めて異文化に触れた感じがする。
戦後、ここまでアメリカナイズされた日本に生まれ住んでて何言ってんだ!と思うが、何か今まで触れたことのないものに激突した感じなのだ。
日本の舞台劇はこういうものに触発され、明治以降このような、 今のような演劇界の状態になっているのか。。。。


だとしたら、これはただの猿真似?
私の中の何かを激震させた中心の核のようなものは、日本の舞台を見て感じられない。

日本のレベルが低い・・・とか、そういうことではない。
 日本は煎茶、韓国はコーン茶、イギリスは紅茶。
煎茶と紅茶を比べても仕方がない。どちらも美味しいのは美味しい。

あれは、イギリスの歴史が長いこと熟成してできた芸術なのだ。
その力、エナジーを感じた気がする。


日本演劇で、その「イギリス」を真似ても仕方がないではないか!
日本で「レ・ミゼラブル」とかの翻訳者を上演するのがいけない訳ではない。そいいうことではなくて・・・。
いいものは、素晴らしいものは、取り入れて新しい作品を作っていけばいい。
だが、表面を真似るだけでは決して面白いものにはならないだろう。


「私の中の何かを激震させた中心の核のようなもの」って何だろう?
知りたい!
自分で言葉にしてみたい!
実感したい!

来週は、「コリオレイナス」と「ハムレット」が再上映される。
絶対見に行くぞ!


取り敢えず、HPは↓
http://www.ntlive.jp/


2014年11月6日木曜日

ガジママ 行ったどぉ~


 「友情」の前半で民宿のおやじ役をされていた、佐藤蛾次郎さんのお店「ガジママ」に、ついに行きました~!

同じく「友情」の共演者の方々と、ノリノリです!

お料理がプロ並みのガジさんの、有名なカレーや、お手製のお料理も頂きました。
マジ、美味!





     佐藤蛾次郎さんは な、なんと! 1984年 ロサンゼルスオ
     リンピックの聖火ランナーだったそうで、これはその時の本
     物の聖火。


     


     

 このハンテンは、もちろん「男はつらいよ」の
 「寅さん」の時のもの。
 本物やでぇ~~~~!


みんなでカラオケ!


歌も上手なガジさん。
演歌の水森さんとデュエットでCDもお出しになってるそうです。




いよいよ来週から「友情」も最後の締めくくりに差し掛かりました。
長かった~
でも、あっという間だった~


最後まで頑張って、必ずガジママで新年会を!とお約束して来ました。