2011年4月29日金曜日

今日からエクササイズ

いよいよ今日からエクササイズクラス。

世の中がこんなことになって、みんなが思ったと思う、
何をしたらいいんだろう・・・
こんなことしてていいのだろうか・・・
生きることってなんなんだろう・・・

一人一人が、それを考え、悩み、自分の中で調整をつけて前に進んでいるのだろう。

私のやることは、もうどう考えても芝居がらみのこんなことしかない。
自分のためにも、これしかない。

先を考えすぎず、今を生きなくては・・・。私に一番苦手なこと!

いいいクラスにしたい。

2011年4月23日土曜日

震災の後

震災から1ヶ月半。
まだ東京でも余震がある。

最近は、経済のためにも日常を取り戻し、自粛もほどほどのちゃんと経済活動しなくては日本自体が大変なことになる・・・との気運。
余震がありつつも、震災前と同じような日常を生きている。

でも、まだ被災地の方々は避難生活や家も仕事もない生活が続いている。ふとそれを忘れそうになる。そのことが夢の向こうの様な気持ちのなる。
忘れている方が楽に決まっている。
誰だって背負いきれないのだ。

何かしたい、でも、何も出来ない自分。
せめてスーパーで東北産の野菜を買い、コンビ二の募金箱に小銭を募金する。

政府への批判が高まっている。指導力の無さ、この非常事態にまだ権力争いをしている空気の読めなさ。
でも、その政府をつくってしまったのも国民一人一人だ。
どうしたらいいのだろう。何が出来るのだろう。
官直人を引き摺り下ろしても、また次の総理大臣のことも批判しだれかが引き摺り下ろそうとする抗争の繰り返しなのではないか?

何ができるのだろう。
どうしたらいいんだろう。
頭の中でそのことがただぐるぐる回る。
スーパースターでも魔法使いでもない自分。自分の弱さが身に沁みる。

TV放送で、「がんばろう日本」とか「義援金のお願い」などのスポットが入るのが、今は救いだ。
忘れないでいなくては・・・、ブームのようになってはいけない・・・、と思わせてくれる。

2011年4月20日水曜日

朗読試演会が終わったよ

先日、第二回朗読試演会が終わった。
出来は、なんとか第1回の屈辱をしのいだ形だ。払拭したとまでは言いがたいが・・・。
自分が何をお客さんに届けたいか、届けられるか・・・くらいは、わかることが出来たパフォーマンスだった。
やれやれ(笑)

でも、何かの基礎になる気配も感じられて、ちょっと嬉しい。

今度こそちゃんとオープンにお客様をお呼びできるようにしたい。

2011年4月14日木曜日

不眠?

 なんと、この私が不眠気味。
私は不眠症的症状はまったくない。

地震のせいだ。
夜、2~3回目が覚めている。
こないだなんか、「寝なきゃ」と思って一生懸命寝ようとしている夢を見ていた。

話を聞いたら、こういう人は多いみたい。関東人は結構みんな疲れがたまっているのだ。


ところで、第二回朗読試演会まで、あと2日。
ああ! 実感が・・・。
こんなご時世、稽古で集まっても「夏に東北で、ちゃんと旅館にとまってワークショップをやって最終日は観光なんて支援になるよね」などという話になってしまう。


さあ、そのためにも本業、頑張らなくちゃ!

2011年4月8日金曜日

朗読試演会 第二回

もうすぐ朗読試演会第二回。

震災、それに続くワークショップ実行委員会設立、そしてワークショップ準備でばたばたの中、気がつくともう来週だ。
稽古中はもちろん集中しているのだが、他にやらなければならないことが多く、なんだか心が落ち着かない。
いけないいけないこんなことでは・・・!
 こんな時だからこそ、やると決めたことなのだから・・・。