2010年12月30日木曜日

今年もお世話になりました。

今年の12月はそんなに忙しくなかったはずなのに、なんでだろう? なんだかんだ時間がない。師走ってこういうことか。

年末になって2つ、いい芝居が見られた。
一つは、鈴木聡さん率いるラッパ屋の「YMO やっとモテたおやじ」。
まともな中年演劇と呼ばれているらしいラッパ屋の会心の作だ。いっしょに行った中年のオジサマは「俺のことかと思うよ。身にしみて仕方が無い」と一言。中年、壮年を迎えた我々の本音にひしひしと迫ってくる。
そして、やはり鈴木聡さんは粋だ。聡さんの芝居を見ると「あ~、私って田舎者だな」といつも思う。このセンスがうらやましい。

もう一つは、猫のホテルの「イメチェン」。
こちらは、ギャグ満載コメデイ。久しぶりの猫ホの本公演。
主宰の千葉さんや役者の方々、おまけに演出の福原さんともご縁があるので、楽しみに見に行った。
こちらも隙間なく濃縮された芝居。味の濃い身の引き締まったおいしい白身魚をいただいた気分だ。猫ホだから肉?とも思ったんだけど、濃いはずだけどあっという間の2時間10分! あえて白身魚と言わせていただく。満足!
あ、そういえば、女装しない池鉄さんを見たのはいつ以来だろう(笑)。私は池鉄さんの色気のファンだけど・・・・!


芝居、演技、のリアリティと芝居っけ(とでもいわせていただく)の狭間、もしくは単に映像演技と舞台演技なのか?・・・いや違う気がする・・・・をいろいろ考えさせられた一年だった。
最期に即興の発表会でなんだか今までより自分でもいろいろ体感できた気もする。
栗山さんに言われた「演劇がなくなるんだよ! エンターティメントばっかりで・・・」という、心に引っかかるお言葉を、少しづつ消化して行きたい。

来年こそ、もっともっと芝居をしたい!!!
みなさま、よいお年を!

2010年12月24日金曜日

即興の発表会

昨日、即興の発表会に出た。
台本のある芝居と違うので、本番までどうしたらいいかわからない。

ぜんぜん緊張しない・・・・。
コレ、やばくない?
緊張したらいい芝居ができないと思われるかもしれないが、実はいい意味で適度な緊張感が無いとダメなのだ。
やばいな・・・・、全然緊張しないで、いきなり舞台に出た瞬間緊張して真っ白っていうパターン?

と、思いつつ本番が始まった。
いや、楽しい! いい意味で緊張せず集中していて楽しい!!!!

やっぱり、芝居してるのは最高!
来年こそもっともっと人前に出てパフォーマンスしよう。
がんばらなくっちゃ!

2010年12月18日土曜日

ヤバイヤバイ君

今年もいよいよ後2週間あまり。
年々、月日が経つのが早くなる気がするのは、私だけではないだろう。
意味もなく心の中で「ヤバイヤバイ」とつぶやく小人が登場する。

先日も、ある演劇関係者と「30歳過ぎたくらいになっていい役者になっったな・・・と思った頃に食べられなくなって止めざるをえなくなる」と言う話をしていて、この年の瀬に、ああ・・・!とため息。
外に出るとすでに日が暮れていて、なんとなくわびしさが増す。

若い頃はこの時刻が特に苦手で、心がすーっと闇に吸い込まれそうになっていた。
ヤバイヤバイ・・・
 私にとっていわゆる「魔の時」。こういう時には、心をぐっと硬くしてこの時間を乗り切る。すっかり暗くなってしまえば、心はまた別の色になっていく。

そうやって、いつの間にか「魔の時」はどこかに消えてしまった。オバサンになるにつれて心はたくましくなったのだろう。いいことかどうか・・・(苦笑)
どうせなら、もっともっと、本当にたくましくならねば!

2010年12月7日火曜日

即興

ここしばらく、即興を勉強している。
勉強なんていうとナンだが・・・・。
私は、つい芝居をまじめに考えすぎて楽しむことができない。もちろん楽しむのはお客さまで、我々が楽しんでどうする・・・!という話だが。リアリティ重視で芝居をやってきた私は、そのお客様を楽しませる・・・という感覚に慣れていない。
それで、初めて例のフィリップのワークショップ以降、時間があれば即興のレッスンに行っている。

その発表会がある。

「FREECRUZワークショップ発表会」

日時 12月23日(祝) 17:30開場 18:00開演
会場 奇聞屋(西荻窪駅南口から徒歩1分)  http://www.kibunya.jp/
       杉並区西荻南3-8-8-B1
       03-3332-7724
料金 1500円(1ドリンク付)

お問い合わせは リンク欄のフリークルーズ まで。

考えてみれば、台本・セリフのない芝居で人前に立つのって始めてかも!!!
きゃあ~!
この背中がぞくぞくする恐怖感が快感!

2010年12月3日金曜日

演劇がなくなる!

先日、仕事の関係で栗山民也さんとお話した。
栗山さんといえば、今の演劇界の大御所だ。

話している中で「今はエンターティメントばかりで、演劇がなくなっている」とおっしゃった。
えっ!・・・と思った。
その意味は、「そこまで考えているんだ」「そういうことをいつも考えているんだ」という!です。

私自身は新国立でレッスンをする中で、若手の役者さんたちにどうやったら「役者」として生きていけるか・・・ということに焦点をあてて話をする。役者さんたちの演技指導が仕事なのであたりまえといえば当たり前だが・・・。自分自身が役者だし、いや、役者でしかないので、演じる場を作り出すことはプロデューサーとか劇団主宰者のような人たちの仕事だと思ってきた。

だから、ちょっと!っと思った。
やっぱりすごいな。だてに大御所ではないのだ。

それに比べて私は・・・という気持ちと、そういうことも考えなくてはいけないのか!?・・・という気持ちがない交ぜになって襲ってくる。
劇団もやったことがない私としては、とても負担だ。


と、ここまで考えて考えが立ち止まった。
仕方がないではないか。
私は私なりに一生懸命やってきた。出来ることしか出来ないし、これからもそれしかない。自分が出来ることを誠実にやって行くしかない。
ま、大体、私と栗山大先生を同じレベルで語ること事態ちょっと何だかね~だわョ(笑)

でもほんとに、ちょっとハッとさせられる栗山さんの一言だった。