2016年7月28日木曜日

空想特撮怪獣 巨人創造「LEDX-レッドエックス」先行上映会

空想特撮怪獣 巨人創造「LEDX-レッドエックス」という映画に出演させて頂きました。
GWにバタバタと撮影いたしました、この映画、懐かしい昭和の「ウルトラマン」を訪仏させる映画です。




 先日、後援いただいている町田市の市民ホールで
 先行上映会があり、舞台挨拶に出させていただきました。


 この映画は・・・

 何故か日本の鶴川を目指して現れた怪獣「ヴァベラ」
 そのヴァベラから市民を守る巨人「LEDX-レッドエックス」
 LEDXの秘密を巡って、暗躍する工作員たち
 
 地球を、鶴川市民を守るため、みんなが命を懸けて戦い
 ます。


 さて、私の役は・・・

 昔、地球防衛軍としてに国家機密にもアクセスしていた国
 防軍の隊員。 

 そんな隊員たちも今ではシニアとなり、みんなで町田の鶴
 川団地に暮らしています。
 ところが、その鶴川団地に怪獣ヴァベラが・・・!

 老骨にムチ打って立ち上がるレジェンドたち!


 そのレジェンドに、本当のウルトラマンレジェンドの
 黒部進さんや、きくち英一さんが登場。
 私は、その黒部さんの奥さん役。

 いたでしょう、ウルトラマンとかの・・・地球防衛軍に必ず一
 人の美しい女性が! あれですよ、あれ!

 いいですね~、いつまでたっても紅一点って。
 特別なワ・タ・シ うふふ・・・
 






 今回の舞台挨拶には特別なゲスト、怪獣
 ヴァベラと巨人LEDXも出演。
 
 ヴァベラ、かぁわい~い!


 いや、中に入っているスーツアクターさんっ
 て、ホントに大変なのです。
 昔、ウルトラマンに出演していた時、普通の
 俳優のシーンと、特撮シーンは別スタジオ
 で並行してドンドン撮影していました。
 夏、撮影してると、外の「ぴ~ぽ~ぴ~ぽ~」で
 撮影が止まる。

        「何!」とスタッフさんに聞くと、特撮スタジオか
                 ら誰かが運び出されて・・・

        熱中症です。
        スタジオ内にも関わらず、スーツアクターさんが
                運び出されて行ってました。  


                え? いや、それは、ウルトラマンの話。
                ヴァベラの中には誰もいませんよお! 
                ヴァベラはヴァベラ。
                小田急線で町田までやって来て、改札が通れな
                くて苦労したらしいですよ~(笑)。


空想特撮怪獣 巨人創造「LEDX-レッドエックス」、9月公開予定です!
映画の中に、地震のシーンがあり、先だっての熊本地震に配慮させていただき、公開が9月に延期されました。


詳細はコチラ↓

空想特撮怪獣 巨人創造「LEDX-レッドエックス」  http://www.eigaledx.com/


2016年7月23日土曜日

ロングバケーションの終わり

ここしばらく、お仕事をセーブしてプライベートな時間を過ごしていた。
な~んて言えば聞こえはいいが、ま、仕事が入ってなかっただけ・・・(笑)
でも、積極的に仕事を求めることを止め、時間を作っていた。
そして、少し芝居から離れていた。

何をしていたか・・・というと、
同級生と一泊温泉旅行へ・・・。
実家の老老介護のお手伝い(これはいつものことか・・・!)。
なにより、リハビリ!

そう・・・、長年の体の酷使がたたって、昨年から膝に痛みを抱え、整体治療を繰り返しても治らず、先生からも「筋トレしないとダメ」と言われた。
覚悟を決めて、本格リハビリのために時間を作った。

人生初のMRIを取り、理学療法士の方からのアドバイスをもらった筋トレ、+ヨガとピラティス。

なんだか優雅に見えるが、これがもうた~いへん!
なんたって、一日のうちに1時間~1・5時間、ストレッチやら筋トレやら・・・。
整体は予約制だけど、理学療法士のいる整形外科さんは、まずお昼過ぎに予約番号をもらって、午後の診療が始まってから順番待ち。治療はわずか20分。うちに帰ったらもう夕飯。
・・・半日つぶれる。。。。!!!
それから出かけたりする日にゃあ、アンタ!

で、仕事をセーブし、ひたすら膝と腰のために頑張っていた。

ここ一年くらい、ほとんど膝とか腰に「痛み」を抱えて仕事していた。
そのストレスは結構なものだった。
家の中も普通に動けない、洗濯したり、片付けしたり、冬物しまって夏物出す・・・なんて、日常のことが普通のスピードで出来ない。これまでなら小一時間、外出前に出来たことが、覚悟しないと出来ない。
人生、半分以上生きてると、なかなかこれがお身体も中古になるもんだ。
冗談半分の口癖は「生きてるだけでタイヘン!」
ホント、普通に生きていられるって、なんて幸せなことなのだろう!


ちょっと笑い事ではなくなった。
電車の席に座っている。気が付くと、ホームをすたすたと歩いている人を羨ましく見つめてしまっていた。

芝居も、仕事も、なんだか何もかもよくわからなくなった。
もちろん、「好きな事だけを仕事にする」なんてことは誰にでも出来るものではない。
だけど、与えられたことに何事も興味と好奇心を持って、「喜び」に変える・「楽しさ」を見つける・・・これは、努力だ。
それが、出来なくなっていた。

だから、ちょっと、思い切って「長いお休み」を決めた。
「治すぞ!!」



昔、キムタク主演の「ロングバケーション」というドラマがあった。大ヒットドラマで、さすがにおもしろかった。
キムタク扮するピアニストが、色々思い悩みピアノを弾くのを止めていたが、山口智子扮する年上の天然キャラの女性と知り合って惹かれていって、もう一度ピアノに向き合っていく。
その時、ピアノから逃げていた自分に「長~いお休みは終わったの」と言う。


人間、たまには「長~いお休み」は必要だ。
再会のエネルギーを充電するため・・・? 
続けるエネルギーを見つけるため・・・?

充電されたか、見つけられたか分からないけれど、実際の人生はドラマのように甘くなく、私の「ロングバケーション」は時間切れの強制終了(笑)。
まだまだ膝腰も治ってはおらず、仕事へのエネルギーもどうなってんだか(笑)(笑)。

でも、ちょっと違う向き合い方が出来るようやってみよう・・・とは思う。
人生を楽しむために・・・トライ!

また、久々に「頑張れ私」(笑)