2011年9月23日金曜日

帰宅困難者

先日の台風。東京直撃。

私も例に漏れず帰宅困難者になった。
5時過ぎにスタジオを出る段階では地下鉄が動いていたので、副都心線の改札で「○○まで、○○線動いてますか」と尋ね、帰れることを確認して乗ったのだが、いざ、私の最寄り駅まで行く地下鉄に乗り換えようとしたら目の前でその地下鉄が止まった。

ああ!あと10分早かったら帰れていたのに・・・!!!!
くぅ~~~!

仕方なく、唯一動いている地下鉄で渋谷にでたら、知り合いとばったり!
こんなところで会うか!という会い方。
結局ご飯を食べ、10時ごろバスで帰った。

やっぱり疲れた。
会社員なら会社にいればいいけど、私たちの仕事はね~。

それにしても 直撃の台風なんて何年ぶりだろう。
ましてやその中を歩くなんて。
いや、歩けなかったほどのすごい風。ひょっとしたらはじめての体験かも。

都市は災害に弱い。そして都市の災害を甘く見てはいけない。

2011年9月7日水曜日

秋の晴天

久しぶりの晴天。
にわか雨も降らない。
おおまけに今日はお休み(るん!)

山のような洗濯と布団干し。

ところが、ニュースでは奈良県の先日の台風被害を伝えている。
気の毒に思う、が、見られない・・・。
3・11を思い出して、体の奥のほうがきしむ。
体が拒否しているのがわかる。

やっと普通の生活に戻ってきた、振り返りたくない・・・ そう体が思っている。
本当に、本当に怖い体験だった。


仕事で関西の人と話した時、その体感の違いを実感した。
「正直、実感はないんですよね」と言われて、心のどこかにふっと空洞ができた。



いつか、この体験が昇華するのかな・・・。
・・・・出来ることを、粛々と。

2011年9月3日土曜日

セリフが聞きたい!


先日、鈴木裕美さん演出の「ノミコムオンナ」を見てきた。
鈴木さんが自分がやりたいことをチャレンジする作品・・・ということで、「セリフのかわりに振り付け」ということだった。
つまり、ストーリィーがあって、少しのセリフがあるのだが、男女が恋に落ちるの関わりや心が変わっていくところなどの機微を、セリフを使わずパフォーマーがダンスで表現する。
私の好きな「小難しくないお話」に乗せられた、とても質感のいい舞台だった。

また、遅まきながら、昨夜「ドリームガールズ」を見た。
これは、前者と逆で、セリフにしたいところを歌っている。
ほんの若いころから、ドリームガールズの「ワンナイトオンリー」は大好きな曲だ。
その曲をレコーディングする役の人は、新人で大抜擢。その年のアカデミー助演女優賞を取ったと記憶している。

いやー、どちらも、「それだけ踊れるなら踊るよ。そんなに歌えるなら、そりゃー歌うっしょ!」と言いますョ。
才能ってスゴイ!

でも、どちらも途中で「セリフを聞きたい。俳優同士の会話でストーリィーを奏でるのを見たい」と思った。
私は、役者の会話が好きなのだ。
ああ、スタンダードな芝居に浸りたい!
人は好き好き・・・つくづくそう思った。