2013年9月24日火曜日

有楽町界隈

暑さ寒さも彼岸まで・・・とはよく言ったものだ。
ほんとに、先週末から秋の気配。


先日、有楽町へ芝居を見に行った。
有楽町には帝劇や日生劇場など、日本を代表する大きな劇場が立ち並んでいる。
日頃、私が主にうろちょろしているのは下北沢とか、高円寺とかなのだが・・・(笑)

本当に久しぶりにあの界隈に行った。
すっかり様子は一変していた。
芝居の終演後の時間でも、お洒落で、上品で、大人が時間を過ごせるレストランやオープンカフェがまだ店を開けていて、明るい町並み。
おお!さすが湾岸地区再開発!
オリンピックも決まったし、ここらの人たちはウハウハだろうな。
以前、このあたりの劇場に出演したりしていた頃は芝居がはねてちょっとごこかに入ろうとしたら、有楽町のガード下の飲み屋か中華料理屋しかなかった。
特に帝劇のあたりは真っ暗で、地上はちょっと怖いくらいだった。

今のペニンシュラ東京があるところは、昔、日比谷パークビルという古いビルがあって、地下に「はまのや」という喫茶店があった。
ここは、私が東京にきて初めて、アルバイトをした喫茶店だった。
ホントに古いビルで、地下なんて配管はむき出し、地下水が微妙に染み出していて・・・。

昔の宝塚劇場。戦後アメリカに接収され、アーニーパイル劇場と言われたところなんて、階段のところやエレベーターホールには、「出る」と噂されていたし・・・。
東京の銀座とか有楽町なんで、新しくてカッコイイところだと思っていた、田舎者の私は大いに驚いたものだった。



ただ、なんだかヨーロッパやアメリカの町並みのようになった・・・というか、今時どこの街もこんな感じになってしまった。
同じようにブランドの店が並んで、西洋風の綺麗なレストランがあって・・・。
ちょっと、つまらない気もする。

劇場もそうだ。
古い劇場は楽屋も狭くて嫌だけど・・・。
10数年前に北京で公演したとき、 楽屋裏にいるだけなら日本と何も変わらなかった。新国立や世田谷パブリックと同じようなイマドキの劇場。
釜山国際映画祭に行った時も、映画館の中はどの国かわからなかった。おんなじ。
それに比べて、北京で共演した京劇チームのホームグランドの劇場に連れて行ってもらった時は、映画の中に迷い込んだような気持ちがした。
オーストラリアで、私の演技の師匠・キャリーさんに案内してもらった、昔のイギリスの有名な劇場を復元するように作った劇場・・・名前は忘れてしまったが・・・に入ったときは、やっぱりワクワクした。
逆に、キャリーが来日した時、私が今はなき新宿コマ劇場に出演していて、おまけに時代劇で、畳の楽屋で着物を着ている私たちを見て大興奮していたっけ・・・。

街も劇場も新しくきれいになるのは素晴らしいけど、その国らしさを保ったまま開発して欲しいものだ。



2013年9月14日土曜日

佐藤真海さんのプレゼン

オリンピック招致成功のニュースが駆け抜け、日本中が「元気」モードに漂った。
色々な人の感動のプレゼンの様子がテレビに流れた。

パラリンピアの佐藤真海さんの映像もたくさん流れた。
ある日突然、骨肉腫で足を失う。3・11の津波で家族が被災する。
どうして、一人の人にこんなに襲いかかるのだろう。
「失くしたものを悲しむより、今あるものを大切に、前を向いて」
言葉が重い。
そんなに簡単に言えたわけではないだろうに。

でも、ご本人はとても美人で、爽やかな笑顔が涙よりもその先の希望を彷彿とさせる。


ったく、「失くしたものを悲しむより、今あるものを大切に、前を向いて」
ほんとに、そうしていかなければ自分自身が辛くなる。
そこを心して頑張るしか、人は幸せになれないのかも・・・。

2013年9月9日月曜日

ああ!オリンピック! あああ・・・男子バレー!!!

男子バレーが、世界バレー本大会の出場権を逃した。
14年連続出場(だっけ?)が、途絶えたそうだ。
しかも、日韓戦、因縁の・・・。

いや、いや、いや、、、逃したのは仕方がない。
だけど、その試合が・・・。
なんでぇ!!!!

実力を出せないままズルズル負けた。ああぁぁ・・・。


今季から初めての外人監督が起用されたというのだが、 たった3~4ヶ月ではどうしようもないということか。

せっかく東京オリンピックが決まったのだ。
そこまでにはナントカ!


ところで、最後まで東京と招致を争ったトルコのイスタンブール。
東京が決まった後、そこの関係者だかプレスの人だかわからないけれど
「東京はいいオリンピックをやってくれると思う。日本は友達だから嬉しい」
とコメントしてくれたり、
ツイッターでもトルコ語で「おめでとう、東京」とつぶやいてくれているという。

嬉しいな。
ほんとにうれしい!
ありがとう、トルコ!!!




2013年9月5日木曜日

嵐の午後、ヒッチコックを見る

昨日、日本全国猛烈な天候。
東京は午後から雷やゲリラ豪雨。近隣の県では竜巻も!!!

せっかくの休日だったのにィ~~~!

しょうがないから、録りだめていた映画の中から久々にヒッチコックを見た。
「白い恐怖」
1940年代のヒッチコックの中ばんの名作。
イングリット・バーグマンが絶頂期と言われているらしく、美しいこと!
エンディングの拳銃越しのカメラアングルも有名。

いやー、雷、嵐、ヒッチコック・・・なかなかでした。


ヒッチコックといえばサイコスリラーの草分け的存在。
アメリカってこんな頃から、記憶喪失だとか精神医学だとか・・・。好きなんだなぁ・・・!

2013年9月2日月曜日

こっちも終わった・・・

ワークショップが終わると同時に、全日本女子バレーのワールドグランプリも終わった。
結果は4位。

でも、イタリア戦、中国戦、アメリカ戦はすごかった。
そして、惜しかった!!!

でも、新生眞鍋ジャパンでまだコンビも合っていないしレギュラーも確定していないのに4位って!
引退したばかりの竹下元選手も、時期会長に違いない川合俊一さんも「予想以上の出来」と。
やはり、一度メダルを取ると「勝ち方」が身につくのだろうか。

ああ、仕事の後の楽しみがこれで終わったか・・・。


って、実は、すぐに世界バレー・アジア予選が始まるんだよ~ん!
お楽しみはこれからだぁ!

終わった・・・

残暑厳しく、なかなか夏は終わらないけど、キャラクター&シーンクラスが終わった。
お盆明けから連チャン。
暑さも熱さもあって、みんなバテバテだったが、また充実した日々だった。

打ち上げが終わって、一人、家に帰る。
さっきまでみんなとワイワイ飲んで食べて・・・。
そして重い荷物を抱えて家に帰ってくると一人っきり。

「祭りのあと」は確かに寂しいものだが、考えてみると仕事の後は「誰かといたい・・・」とは思わないな、今も、そして今までも。
 そうやって、ゆっくりクールダウンしていって、翌日から日常に慣れていくっていう感じだ。