2014年4月25日金曜日

桜の森満開の下

昨日、林英世さんの朗読「桜の森満開の下」を見に行った。いや、聞きに行った。

私は、朗読には全くと言っていいほど興味はなかったが、林さんと出会ってから「朗読ってすごいものかも・・・」と思うようになった。
1時間あまり、たった一人でお客様をその世界に引っ張り込む、その力にも改めてびっくりする。

英世ねーさんのレパートリーの中では、芥川龍之介の「カチカチ山」が最も好きだったが、坂口安吾の不思議な世界、桜色のおどろおどろしさもかなり素敵でした。

いやー、ねーさんの朗読はクセになるね~!


追伸、 朗読が終演後、英世ねーさんのお客様の中で一昨年前、私とねーさんと一緒にやった
「女優2人 読む」 を見て(聞いて)頂いたお客様がいらっしゃって、
「アレは怖かった~! もうやらないんですか。また、何かあったら見に行きます。」
と言って頂いた。

嬉しい限りです。


ギャラリー無垢里にて





















2014年4月14日月曜日

現代演劇ウォッチャー 高野しのぶさんのレポート

先日も掲載た、高野しのぶさんの「小川絵梨子さんWSレポート」がついに完成!
珠玉のレポートですねー。
以前も書きましたが、私、いや私たちにとって臨場感、ハンパないです!

お芝居に興味のある方、ぜひご一読を!
 
こちらです → 「しのぶの演劇レビュー 写真レポート」

2014年4月12日土曜日

不眠症

不眠症になった。

稽古が始まった時とか、ワークショップの最中の2~3日とか、何だか頭が冴えて眠れないことはあったが、おそらく、こんなに本格的には生まれて初めて・・・。

小川絵梨子アドレナリンが一ヶ月も続いているとは到底思えない(笑)。
ネットで調べてみると
「心身的要因。また眠れないかも・・・と思うと眠れなくなる」というのがあった。

ソレダヨ・・・。
あたしってカンペキ主義だし・・・
強がっている割に、ノミの心臓だし・・・

今日なんか、一度目を覚まして諦めてテレビをつけて一時間くらいして二度寝して、
友人のOちゃんに「眠いから、夕方の仕事まで寝かして・・・」と言って寝てしまう・・・っていう夢を見ながら寝てた! サイアク・・・・。

不眠症を調べていたら、森田療法というのがあった。

『強迫神経症(強迫性障害)などの神経症の症状は誤った認識に基づく誤った方向の行動の積み重ねによって出来た「とらわれ」が原因になっている。症状をなんとかしようとするのではなく、「あるがまま」に受け入れて、不安や症状はそのままに、この裏に隠された本来の欲求に沿って目の前の「なすべきこと」をこなしていく行動によって症状が改善していく。』

つまり、ほっとけ!ってこと。
うん、、、とにかく自分自身も思い通りコントロールしたがらる私には必要かも。
頑張ってほっとこ。
いや、頑張らずほっとこ。。。


2014年4月11日金曜日

花見

先日、お花見をした。
おお!何年ぶり!

浅草の隅田公園を歩き、水上バスに乗って隅田公園の桜を川から眺めた。
なんで、日本人は「桜」がこんなに好きなんだろうね。
浅草まで地下鉄で行く途中、午後12:30頃、すでに出来上がったオニーチャンが、酒ビンをコンビニの袋で隠して上野から乗ってきた(笑)。
夜通し飲んでたな~!

水上バスは日の出桟橋で下車。
その後、増上寺に行ったら偶然、徳川家の墓所を公開していたので拝観し、
これも偶然、増上寺の何かの行事だったようで、エライお坊さんが集団で読経されていた。
お経って、聞いているととても心地よい。

なんだか、久々の「休日」の一日。
たまには、やんなきゃダメだよね~。

だけど、肝心なその日が真冬に逆戻りしたような寒い一日で・・・。
思わず「貧乏人は花見もできんのかい!!!」と叫んじゃったけど(笑)

2014年4月2日水曜日

「笑っていいとも」

「笑っていいとも」が終わった。
32年・・・。
んんんん・・・スゴイ!

私が大人になってからというもの、お昼12時はずっとやっていたんだ・・・。
うちの甥っ子くんなんて、生まれる前から・・・。
感慨深い。


よく考えたら、ワタシ、一度、出演しているし!
生タモリを見ているってスゴイことだったなぁ。

特番をやっていて、感動以外何者でもない舞台を、それでも笑いをとっていた芸人さんたちは尚更スゴイと思ったし、ほとんど涙を見せることなく、最後まで「明日も見てくれるかな~」って言っていたタモリさんという人は、やはりスゴイ人だ!


新しい番組が始まったらしいが、大変だろうな。。。。

こうなってしまうと、お昼12時に、「笑っていいとも」が見られないのはちょっと寂しいですね。