2015年8月21日金曜日

この夏 京都でのお仕事



今年の夏は、いや、今年の夏も、かなりの強行軍です。


8月の初めは、井上さんのアクターズプレイグランドに参加して、ハロルド・ピンターの「背信」。

その後、実家に戻り、お盆のお手伝い。

そのまま、京都に移動して、来年から本格的にお仕事させていただく京都音楽劇団でのワークショップ。





  その最後の移動日。
  意地で!根性で! 行きましたぁ~~~! 伏見稲荷神社!

  もう、夏休みもないし、観光もないし・・・。
  唯一、その気分を味わいました。



   
   お盆のお休みも一段落した月曜日だったので、
   そんなに込み合っていなくて、
      情緒ある赤い鳥居の中をのんびり歩きました。












 



天気が不安定だった一日。急な通り雨。
空が明るくなるまで、他の観光客の方々と一緒に、お土産屋さんの軒先でちょっと雨宿り。

それも、なんだか嬉しいひと時でした。


そして、今は東京でまたエクササイズクラスが始まっています。

最終は30日。
最後のダッシュです!

2015年8月9日日曜日

井上裕朗さんのWS

暑い暑い8月。
お友達の俳優・井上裕朗さんのWSを受けてきました。

井上さんは、つかこうへい劇団の養成所から、TPTなどで勉強されました。
今、ダルカラードポップの谷賢一氏・小川絵梨子氏・トラッシュマスターズの中津留彰仁氏などの舞台で活躍されている役者さんです。

よいWSでした。
主にTPTなどの、デビット・ルボーさんやロバート・アッカーマンさんに学んだことを提供していただきました。
そして、カムツゥルーの斎藤直樹さんを相手役に「背信」をやらせていただきました。

久しぶりに、役者としてだけゆっくり演技のことを考えて苦悩する日々を過ごしました。

そして、最近、小川絵梨子さんやペーター・ゲスナーさんが使うワード
「もっと相手に寄り添って」
「余計なことをしないで」
「相手からもらって」(感情のことではなく)
「軸を外に」
などの意味も「なるほどこういうことを言われていたのか」と理解でき、
それに伴うエクササイズもふんだんに入れ込んでくれたので、体感できました。

こんなチャンスを下さった井上さんに・・・、
色々教えてくれ、説明もしてくれ、相手役として私を引っ張り続けて下さった直樹さんに・・・
5日間、いっしょに格闘した参加メンバーに・・・
感謝!です。
みんな、最高だぜ~~~!